ナルゲンボトルトライタン500ml半年使用レビュー。毎日使ったからこそ分かる、人気の理由!

こんにちは。

いきなりですが、毎日の飲み物、どうしてますか?

私は常に飲み物は欠かさずに持ち歩いています。毎日自販機で飲み物を買うとお金もかかりますし、冬場は一日500mlも飲みません。

夏は保冷の水筒に氷でキンキンに冷やした麦茶を入れていきますが、冬は常温の水で十分です。

常温の水を300ml程度持ち運ぶためだけに、重たい保冷の水筒に入れていくのもなんか無駄な感じがしますよね。

しかも、保冷の水筒だと本体、キャップ、パッキンのパーツに別れているので、それぞれ洗わないといけません。

 

そんな背景もあり、前から欲しかったナルゲンボトル、トライタン500mlを購入しました。

ナルゲンボトルを買ってから、平日も休日も、毎日使っています。

毎日使ってわかった、ナルゲンボトルのいいところを紹介していきます。

 

 

ナルゲンボトル トライタン500mlの良いところ

半年前にナルゲンボトルを購入してから、キャンプ、登山、日常生活で毎日使用しました。

中に入れるものは水道水かミネラルウォーターのみです。

もともとは、アウトドア用に「ちょっとかっこいいボトルが欲しい!」と思って購入しましたが、気づいたら毎日会社でも使っていました。

毎日使ってしまうほどの良いところと人気の理由はこれです。

  • かっこいい
  • 軽い
  • メモリ付きで必要な分量だけ持っていける
  • パッキンがなく、口が広いから洗いやすい
  • キャップがどっかいかない
  • とにかくかっこいい!

 

その1 かっこいい

見た目って大事だと思うんです。どんなに性能が良くても、見た目が微妙だとなんとなく気に入らないですよね。

この世界に、ここまで美しく、かっこいい水筒があるのでしょうか。

特に、太陽の光に照らされるナルゲンは最高にかっこいいいです。

 

 

その2 軽い

ナルゲンボトルは軽いです。さすがに、空のペットボトルほど軽くはありませんが、水筒というジャンルのなかでは最も軽いのではないでしょうか。

保冷の必要がないのであれば、ナルゲンボトルが最強の水筒になります。

 

 

その3 メモリ付きで必要な分量だけ持っていける

自分が毎日何ミリリットルの水を飲んでいるか、意識したことはありますか?

通勤時間や職場環境等によっても変わりますが、私は11~2月のほとんど汗を書かない時期は、1日300mlも飲みません。

私は2Lのミネラルウォーターを箱で買ってストックしておき、毎日必要な分量だけナルゲンに入れて通勤しています。

水道水なら余ったら捨ててもなんとも思いませんが、わざわざ買ったミネラルウォーターを、余ったから捨てるなんてできません。そうすると、必要最低限の分量だけ入れるようになりました。

真冬は250ml以下の日もありました。

 

 

その4 パッキンがなく、口が広いから洗いやすい

ナルゲンはパッキンがありません。でも絶対に漏れることはありません。

ナルゲンの一番の売りが、この特殊な構造のキャップです。

パッキンがないということは、毎回パッキンを外して洗って乾かして・・・という作業をしなくていいということです。

さらに、本体からキャップが離れないので、キャップ無くした!!ってことがありません。

 

口の広さは約4.5cmあり、スポンジを突っ込んで奥までしっかり洗えます。

わざわざボトル用の柄のついたスポンジを用意しなくても、普通の長方形のスポンジで奥まで洗えちゃいます。

これって地味に助かるところですよね。他の食器は四角いスポンジで洗うけど、水筒だけのために柄のついたスポンジを使うのってすごく面倒じゃないですか。他の食器を洗ったついでにナルゲンも洗えてしまうところ、気に入っています。

 

その5 キャップがぶらぶらしない

これ、本体を斜めにした状態なのですが、キャップがぐるぐる回らないんです。

どういうことかと言うと、本体側にくっついている輪っかの摩擦力が絶妙で、重力には負けないけど手で回せば動く。という絶妙のバランスなのです。

このおかげで、飲んだときにキャップが下の方に回って鬱陶しいってことがなくなります。

地味ですが、そんなストレスすらなくなってしまうナルゲン、最高です。

 

 

ナルゲンボトル、サイズは500mlをオススメします

ナルゲンボトルは500ml,1000ml,1500mlの3サイズ展開があります。

多くの方は、500mlか1000mlで迷われているかと思います。

私のオススメは日常使いがメインなら500ml

キャンプ、登山使いがメインなら1000mlです。

日常であれば500ml以上必要になることはまずありません。

キャンプ、登山は飲水だけでなく、ウォータージャグのような用途にも使うことが想定されるので、1000mlをオススメします。

 

 

ナルゲンボトル トライタン500mlのまとめ

ナルゲンボトルを半年使って分かった、良いところを紹介しました。

最後にまとめます。

・かっこいい
・軽い
・パッキンがなくて口が広いから洗いやすい
・キャップがどっかいかない
アウトドア好きアピールにもなります!

ナルゲンボトル毎日使用、オススメです。