登山

【真夏こそ使うべき】モンベルのメリノウールソックスが超快適だった!

Rantaka

こんにちは。ランタカ(@rantaka221)です。

モンベルのメリノウールソックスを履き始めてもう3年以上が経ちました。

これまでは、靴下が蒸れて足先が冷たくなるのは当たり前。

どうしようもないものだと思っていました。

メリノウールソックスに変えてから、靴下の常識が覆りました。

暖かいのに暑くない。

常にサラサラで一日履いても臭わない。

メリノウールなので冬のイメージがありますが、実は真夏でも超快適に過ごせる優れモノ。

1足1500円もするけどこの靴下を履くことでで得られる快適性は絶対に1500円以上の価値があります。

そんなメリノウールソックスの魅力をお伝えします。

EcoFlowポータブル電源 RIVER2発売

モンベル メリノウールソックスの種類

引用:モンベルオンラインショップ

モンベルの靴下は、厚さで名前が別れています

  • 登山では「アルパイン」「トレッキング」
  • 日常では「ウォーキング」「トラベル」

私は日常用として「ウォーキング」を購入しました。

実は最初に、「トラベル」のメリノウールソックスを買ったのですが、サイズが小さかったのと生地が薄かったことがあり、1ヶ月くらいで穴が空いてしまいました。

また、吸汗性、保温性の面から考えても、「トラベル」は薄すぎるのでメリノウールのメリットを全て享受できません。

メリノウールウォーキングソックスを購入

足裏は厚手になっていてクッション性があります。

メリノウールはウールですがチクチク感は全くありません。

綿の靴下と比べると、メリノウールのほうが履き心地が良いです。

履いた瞬間からメリノウールに包まれる感覚。ぜひ一度は体感してほしいです。

メリノウールは履いた瞬間から暖かいけど暖かくなりすぎない。常に適温を保ってくれます

蒸れる靴でも脱いだらサラサラ

さすがのメリノウールでも、蒸れまくる革靴のを履いた状態だと蒸れている感じはします。

靴の問題なのでどうしようもない部分ですが、脱いだらすぐにサラサラで快適です。

メリノウールの速乾性が高いことがわかります。

これが普通の綿の靴下だと、足先は濡れてビショビショ。冷たくなってきます。

メリノウールは臭わない

靴下って臭いですよね。当たり前ですが。

でもメリノウールは臭くないんです。本当に臭くならない。

これは旅行やキャンプなどで本当に助かります。

脱いだ直後は少し臭いますが、翌日履く時には全然臭くないんですよね。

これもメリノウールの性能です。

会社で机に座っているとき、靴を脱ぐ時がありますが、普通の綿靴下だと臭ってくるのにメリノウールだと全然臭ってきません。

「靴下が臭くない」メリノウールはもはや靴下の常識から逸脱しています

暖かすぎないので真夏でも超快適

メリノウールソックスは暖かいです。

濡れないから冷たくならないというのもありますが、素材そのものが暖かいです。

発熱素材ではありますが、同時に調湿素材でもあり、常に快適な温度湿度に調整してくれます。

つまり、暖かくなりすぎないのです。

これが真夏にも使えるんですよね。

洗濯はネットに入れるだけ。毛玉はどうしようもない

左は3ヶ月使用したもの、右は1週間使用したものです。

左側を見ると毛玉が出てしまっているのが見えると思います。

右側も、かかとのところはもう毛玉になっていますね。

こればっかりはウール素材なので仕方がないところでしょうか。

気になる方は切ったりすればいいと思いますが、私は面倒なのでこのまま普通に使っています。

メリノウールをいっても洗濯は特に面倒ではありません。

ネットに入れて普通に洗濯するだけ

ネットに入れるのが面倒な方は、裏返して洗濯すれば毛玉は気になりません。

正直価格は高い。でも価格以上の価値はある

メリットだらけのメリノウールソックスですが、唯一のデメリットは価格です。

1足1500円もします。ユニクロだと4足買えますね。

でも吸湿速乾、保温、調湿、防臭、履き心地全てにおいて1足400円の靴下を圧倒的に上回っています。

一度買ってしまうともう安い靴下には戻れません。

ぜひ一度、メリノウールソックスは試していただきたいと思います。

ではまた!

おすすめのポータブル電源
ABOUT ME
ランタカ
ランタカ
快適にキャンプする人
キャンプ歴5年の快適キャンパー🏕 「ラク・快適・疲れないキャンプ」を発信しています 趣味はキャンプ⛺️と崖のぼり⛰
記事URLをコピーしました