700円でできる!車内の天井にキャンプ道具積載システムをDIYしてみた

こんにちは。

キャンプ道具の天井積載って、誰しもが一度は考えることなのではないでしょうか。

私もその一人で、車がセダンなので、大きいものがあまり載せられません。

そこで考えたのが車内の天井に銀マットを積載すること。

どのように積載するか考えた結果、700円で銀マットに最適な積載システムを作ることができました。

  • 簡単:工具不要で巻きつけるだけで設置できる
  • 安価:全部で700円で完結
  • 安全:ミラーでの後方確認はバッチリで、急加速、急減速でも絶対に落ちない

 

他に考えた方法も交えて、紹介していきます。

 

 

3つの積載方法を考えた

① インテリアバーを使う

アシストグリップに棒を渡して固定する、「インテリアバー」なるものがあることは知っていました。

 

引用:クレトム公式サイト

 

値段もそこまで高くなく、ガッチリしているので購入を検討しましたが、致命的な欠点がありました。

それは、インテリアバー自体が太いということです。

直径6センチもあります。

ただでさえ低い天井高が、インテリアバーの直径により更に低くなってしまいます。

これでは銀マットを積載することはできないので、却下。

天井高の高いミニバンなどではインテリアバーは非常に有効だと思います。物干し竿にもなりますし。

 

 

② 車用積載ネットを使う

ネットであれば薄いので、スペースの問題はありません。

しかし、中央がたるんでしまうというのは問題外です。

中央がたるむとミラーでの後方確認ができないため、この方法も却下。

 

 

③ アシストグリップを利用して自作する

今回のメインがこちら。

ちょうどいいものがないときは自作に限ります。

詳しくは後述しますが、ネットの代わりにナイロンベルトを使用することで、中央部分のたるみを防ぎます。

前後方向のズレは、ホームセンターに売っていたゴムバンドを利用します。

この方法だと、たるむことなく、ずれることもなく、なおかつ安価に天井に銀マットが積載できます。

 

 

 

天井積載システムに必要なもの

必要なものは、100均などで売っているナイロンベルトとゴムバンドだけです。

ナイロンベルトは5m程度のものが4本必要です。

私はダイソーの荷物留め用のナイロンベルト2本組を2セット購入しました。

 

ゴムバンドはこのようなものを使いました。

ユタカメイクのボール止めバンジーコード300mm という商品です。 これを4つ購入

 

 

やり方

① ナイロンベルトをアシストグリップ間に張ります

ナイロンベルト1本で、対になるアシストグリップに通します。

これにより二重になるので、強度が確保できます。

 

 

前席、後席で横に1本ずつ、対角に1本ずつの合計4本張ります。

 

② ゴムバンドを各アシストグリップに取り付け

結び方は適当です。ゴムバンドを、各アシストグリップに取り付けます。

 

 

 

③ 銀マットを隙間に入れて、ゴムバンドで固定して完成

ナイロンベルトの上に銀マットを滑り込ませて、前後をゴムバンドで挟みます。

 

 

前の方は少したわむので、サンバイザーで挟むとより良いです。

 

 

積載しないときはゴムバンドが垂れるので、軽く結んでおきます。

 

 

毎回この方法でキャンプに行っています

こんな簡単に、天井積載ができてしまいました。

しかも、問題になりそうな前後のズレも一切ありません。

キャンプを初めてから1年くらい経ちますが、毎回この方法で銀マットを3枚積載しています。

ちなみに3枚目からはゴムバンド固定すらしません。そのまま上の隙間に入れ込むだけです。

4枚までは問題なく積載できます。

 

私はキャンプ道具満載でも山道はかっ飛ばすので、前後、左右に急加速、急減速、急旋回しますが、天井積載がズレてきたことは一度もありません。

ゴムバンドの固定力がかなり強いので、安心感があります。

 

 

注意点も少し

少しだけ、注意点があります。

ゴムバンドが強いので、銀マットに跡がつく

ゴムバンドがかなり強力に挟んでいるので、長時間つけっぱなしにすると跡が付きます。

私は特に気になりませんが、なかなか消えない跡が残ります。

 

前後が少したるんでくる

前側はサンバイザーで固定するのでたるんでも大丈夫ですが、後ろ側はどうにもできません。

出発前夜に着けると翌朝にはダルダルになってしますので、銀マットは出発直前に積載することで回避しています。

 

銀マットしか積載できない

もともと銀マットを積載するために作ったので当たり前ですが、銀マット以外の積載を想定していません。

とはいえ、このスペースに入る大きさ、重量であれば工夫次第でなんとでもなると思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

積載が少ない車でも、かさばる銀マットが天井に積載できれば、かなりのスペースが空きます。

コンパクトなギアを買えば積載に悩むことも少なくなりますが、小さくて良いものは高いですからね。

銀マットであれば天井積載が700円でできるので、他のギアをコンパクト化する予算に回せます。

積載方法を試行錯誤するのも、キャンプの楽しみの一つなのかもしれません。