無印良品津南キャンプ場 孤高のB14サイトでソロキャンプ

2019年7月上旬、関東は雨でしたが日本海側は晴れなので、東京から4時間かけて津南キャンプ場でソロキャンプしてきました。

予約なしでチェックイン

前日まで雨予報だったせいか、公式サイトを見るとかなり空きがあったので、予約せずに向かいます。

無印良品のキャンプ場はサイトごとに軽い説明が書いてありますが、なんとも簡素すぎてわからない…

自然の地形を生かしたサイトということで、ほとんどのサイトは傾斜があります。

コメントで「傾斜」と書かれているサイトは、特に傾斜が大きいところなので注意が必要です。

4WDと書いてあるサイトは4WDでないと入れないわけでもなさそうです。車を停めるスペースの傾斜が大きいだけなので、2WDでも大丈夫です。

B14サイトに決定

B14サイトは「普通車のみ、傾斜、4WD、景観良」と、なかなかハードルの高そうなコメントですが、現地を見て問題なさそうなのでここに決めました。

サイトは丘のようになっていて、後ろ半分は平らですが、前半分はかなりの斜度があります。

快適に過ごせるのは4人までくらいでしょうか。

設営

モンベルのクロノスドーム2型と、スノーピークのエントリーパックTTのタープを張ります。

ソロなので荷物は少なめ。1時間くらいで設営完了。

B14サイトからの眺めは絶景

B14サイトは津南キャンプ場のなかで一番高いところにあります(自分調べ)。

他のサイトからも少し離れているので、キャンプ場全体が見渡せます。

反対の丘から見たB14サイト。津南キャンプ場は一つ一つのサイトがしっかり分かれているので、プライベート感があっていいですね。

「孤高のおひとり様キャンプ」が満喫できそうです。

キャンプ場を散策

津南キャンプ場はとても広く、たくさんのサイトがあります。

こちらはアネックスのフリーサイト。バイクツーリングで仲間とキャンプするのに良さそうです。

薬師湖と山伏山。薬師湖ではカヌーの体験などができます。私が行った日は、体験プログラムはやっていませんでした…

Aサイト。平面で管理棟からも近く、初心者向きのサイトです。

グルキャンにも良さそう。

ソロキャンを満喫

普段は夜に焚き火をするのですが、昼の焚き火もいいですね。草の緑と炎の色合いが美しいです。

日が暮れてきました。夕焼けがきれい。ランタン点火します。

夕飯は簡単に、鶏ももをマジックソルトで焼きました。

津南は星空が撮りやすかった

サイト間が広く、遮られているため、他のサイトの影響をほとんど受けずに夜空の撮影ができました。

初めて三脚立てて長時間露光してみましたが、ランタンやテントの明かりの調整が難しいです。

サイトが傾斜しているおかげで、見上げるような構図が撮れました。

翌朝

7月上旬ですが、朝は20度前後で涼しいです。

湿度が高めなので少し動くと汗ばんで不快でした。


山伏山に登るも、虫だらけで断念

山伏山に登ってコーヒーを飲もうと準備したのですが、登山道に虫が多すぎて途中で嫌になり、サイトに戻りました。

虫の少ない時期であればちょうどよいハイキングになると思います。

三角形でとがった形をしているので、山頂のからの景色は良さそうです。

無印良品津南キャンプ場 ソロキャンプまとめ

このキャンプ場、料金設定が一人当たりの料金だけなので、1人で1サイト2000円で利用することができます。ソロキャンパーにはとてもありがたい料金設定です。

これだけプライベート感があって、景色もきれいなキャンプ場はなかなかないので、また行きたいと思います。